\\ iherbのスペシャルセールをチェックする //

【食事による胃腸トラブルを一掃】最強酵素サプリおすすめ4選【iherb(アイハーブ)】

【腸内環境を劇的に改善!?】最強おすすめ酵素3選【iherb(アイハーブ)】
iherb
  • 初めての方は以下のボタンをタップで”全商品”10%OFFコード自動適用!
  • 初めての方はコチラをタップで”一部の商品を除き”20%OFFコード自動適用!
  • リピーターの方でも60ドル以下の買い物でも常に5%OFFで購入可能!
  • リピーターの方でもコチラをクリックした上で60ドル以上の買い物をすれば10%OFFが自動適用!
  • キャンペーン次第でさらに20%以上OFFに!?
一生の健康は一粒のサプリメントから始まる。
ケンイチ

下痢や便秘を繰り返す
お腹にガスが溜まりやすくてゴロゴロする
過敏性腸症候群(IBS)・SIBO・乳糖不耐症にうんざりしている

この記事を読むと、上記の疑問や悩みを解決できます。

この記事は、すぐにお腹を下す方から、過敏性腸症候群(IBS)やSIBO、乳糖不耐症で悩んでいる方々のために書いた記事です。私は本日紹介する方法でこれらの症状を劇的に軽くすることに成功しました。

「乳糖不耐症の方は乳糖を避けよう!!」

「IBSは、結局ストレスとかが原因だったりするから~~~」

「SIBOは低フォドマップ食を中心にして~~~」

これらは私のなかでは半分正解で半分不正解。実際、心のケアや低フォドマップ食を本気で実践していたときは、胃腸トラブルが一時的に軽減している時期がありました。

しかし、みなさんにお聞きしたいのですが、それで治りましたでしょうか?

私の場合、完治には至りませんでした…。そういった経緯もあり、「このような症状とは一生、上手に付き合っていくしかないものなのか…」と半ば諦めかけていました。

多くのみなさんもきっと同じだと思います。

しかし、私は本日紹介する消化酵素サプリを飲むようになってから上記すべての腸内トラブルが著しく改善しました。

「消化酵素サプリ」。この響き、死ぬほどうさん臭く聞こえますね。そう思うのは、酵素ダイエットや酵素洗顔、酵素水といった怪しい商品がちまたに出回っているのが原因です。

正直いって、あんなのと一緒にされては困ります。

私は本日紹介する酵素を飲み続けることで、過敏性腸症候群、SIBO、乳糖不耐症の症状がほとんど出なくなりました。使用歴にして1年以上たちますが、未だに胃腸トラブルとは疎遠です。

私はずいぶん遠回りをしました。
だからみなさまには近道をしてほしい。
一刻も早く腸内環境を改善してほしい。

だから本日はうさんくさいと言われても伝えにきました。

この記事を読んで実際に行動したあなたはその日から胃腸トラブルから解放されることを実感できるはずです。

あなたも今の私のように胃腸トラブルがすっきり消えた世界線を歩んでみませんか?

そして、無事に治ったら、他の方にもシェアして頂けると幸いです。

目次

酵素とは「食物を分解するときに使われる成分

そもそも酵素ってなに?

そもそも酵素とはなんでしょう。
酵素をわかりやすく説明すると、食物を分解するときに使われる成分です。

「消化」「吸収」「代謝」—。
それぞれの過程で必要になるのが、栄養成分を分解するための酵素というわけです。

酵素はミネラルとタンパク質がくっついてできたもので、その種類は約3000種類にも及びます。それらを大別すると、体内にもともと存在する酵素である、「消化酵素」「代謝酵素」と、食事から摂取できる「食物酵素」の3つです。

ここからは消化酵素、代謝酵素、食物酵素についてかんたんに解説していきます。

サプリとして後ほど紹介するのはすべて消化酵素です。

消化酵素

消化酵素とは、食べ物を体内で分解して消化吸収するために働く酵素です。それぞれの酵素には与えられた仕事があります。以下の酵素が代表的です。

アミラーゼ

炭水化物を消化しブドウ糖に分解する酵素。唾液に含まれる。

プロテアーゼ

タンパク質を分解する酵素。消化液に含まれる。

リパーゼ

脂肪を分解する酵素。腎臓に含まれる。

セルラーゼ

野菜などに含まれる繊維質セルロースを分解する酵素。セルロース分解菌(アオカビ,コウジカビ,木材腐朽菌など),セルロース分解細菌などに含まれる。

サプリーマン

この酵素が体内にあるから、我々の消化はいつも正常なのだ。

サプ子

ただし、アミラーゼ能力が高い人、プロテアーゼ能力が高い人とか、またはある消化酵素が著しく低い人など、それぞれの酵素レベルは人によって大きく異なるわ。

サプリーマン

つまり、自分が持つ酵素量によって消化能力が「低い・高い」の判別が可能なのだ。たとえば、脂質を摂るとよく胃がもたれるなんて人は、「リパーゼ」が足りていない可能性が高いといった具合だ。

代謝酵素

代謝酵素とは、消化酵素によって食事から取り入れられた栄養素をもとに作り出された酵素です。この酵素には以下のような効果があります。

  • 新陳代謝を良くする
  • 体内毒素を排出する
  • 身体の悪い箇所を修復する
  • 病気を治し免疫力を高める
サプリーマン

消化酵素が機能していないと、代謝酵素はうまく働かないということだな。

サプ子

てことは、上記の効果の逆の現象が起こってくるというわけね…。(新陳代謝が下がる、体内毒素をうまく排出できないなど)

食物酵素

食物酵素とは、文字どおり食べ物に含まれる酵素で消化を助ける役割を果たします。例えば、「生野菜・果物・生肉・生魚・納豆・キムチ・ぬか漬け・ヨーグルト・味噌・醤油」といった発酵食品に含まれていることが多いです。

一般的に酵素は熱に弱く48°cぐらいになると破壊されてしまうと言われていますのでできれば生で食べると良いでしょう。生で食べる場合は、農薬や遺伝子組み換え技術などを、なるべく利用していないものを選んでくださいね♪

残念ながら酵素ドリンクなどの発酵食品には効果ないことがほとんど。これらの商品は最終的に熱処理を行っているものが多く、酵素は高温状態では生きられないからです。「効果ゼロ」とまで言い切ることはしませんが、費用対効果が低いため個人的にはお勧めしません。

ケンイチ

えー!!だから酵素ドリンクは効果がなかったのか…泣
もう酵素なんて嫌いだ!!

サプリーマン

おいおい、ちょっと待つんだ少年。

キミはまだ「生きてる酵素」の絶大なパワーを知らないだろ?

サプリメントは食品では考えられない量の新鮮で生きている酵素を一瞬にして摂れるんだぞ。

ケンイチ

なんだよ~、それを早く言っておくれよ~。

サプ子

この子、見た目以上に面倒ね…。

体内の酵素が不足するとどうなる?

体内の酵素が不足するとどうなる?

体内の酵素が不足すると具体的には以下のような症状が起こります。

  • 便がくさくなる
  • 強い疲労感が残る
  • 肌の調子が悪くなる
  • お腹が張りやすくなる
  • 便秘や下痢を繰り返す

いかがでしょうか。
まさにSIBOやIBSなどにありがちな症状ですよね。

上記項目のすべてにおいて、「普段の生活習慣により酵素の力が弱り、正しい消化機能が働かなくなったため起こった症状である」といった仮説を立てても不自然ではないと感じませんか?

では、なぜ体内の酵素はこうも減っていくのでしょうか?次に酵素が減ってしまう原因を探ってみましょう。

体内の酵素が減る原因は、悪い「生活習慣と食習慣」。

体内の酵素が減る原因は?

我々にとって必要不可欠な酵素たちが減ってしまう主な原因を一言で申し上げますと、「解毒プロセス」の影響です。

例えると、外から入ってくる悪いもの(揚げ物など)体内の良いもの(酵素)相殺されるイメージを持つとわかりやすいかもしれません。また、体に悪い食べ物だけが原因ではなく、乱れた生活習慣や排気ガスなども酵素は毒素として相殺されてしまいます。

「酵素が増える生活<酵素が減る生活」に傾くと先ほど紹介した症状が現れるのです。

一般的に、”酵素を減らす”生活習慣には以下のようなものが挙げられます。

悪い生活習慣
悪い食習慣
  • お酒・たばこ
  • 医薬品の使用
  • 不規則な生活
  • 食品添加物の摂取
  • ストレスの多い生活環境 等
  • 大食い早食い
  • 偏った食生活
  • 揚げ物が好き
  • 加工食品が好き
  • 食べたあとすぐに寝る 等

つまり、私たちが生きていくうえで、酵素が自然減少してしまうことは避けられない運命にあるといっても言い過ぎではありません。酵素が減る原因を挙げ始めるのはキリがないのです。

まずは、自分が以下のようなループにハマってしまっていることに気付きましょう。

酵素が減る流れ

STEP
悪い「食習慣」、「生活習慣」、「環境」によって、身体に解毒が必要になる。
STEP
解毒プロセスには体内に蓄えている酵素が大量に消耗する。
STEP
健康維持に必要な酵素が十分に作られなくなる。さまざまな疾患にかかる。(STEP1に戻る)

このループから逃れる方法は、酵素を増やすしかないのです。

実際に私は、「酵素が枯渇しきっているせいで、SIBO、IBS、乳糖不耐症がなかなか改善しない」という仮説を立てて、自分の体で検証し、改善しました。(その方法は次の見出しで解説します。)

体内酵素を爆増させてあらゆる胃腸トラブルから解放されるたった1つの提案

体内酵素を増やすたった一つの方法

私からの提案は一つしかありません。

酵素がふんだんに含まれたサプリメントを食事前に服用すること。

サプリを利用せずとも体内酵素を増やす方法は確かにたくさんあります。一般的には以下のような方法です。

  • 体を冷やさないこと。
  • ストレスを溜めないこと。
  • 酵素がたくさん含まれている食物を摂取すること。
  • よく噛んでアミラーゼという酵素を分泌させること。

ですが、これを毎日意識して100点をとり続けることはほぼ不可能だと思いませんか?

ときに体は冷えますし、ときにストレスは溜まりますし、酵素がたくさん含まれている食物を毎日摂取できるとは限りません。よく噛むのは百歩譲って頑張れても柔らかいお肉ばかり食べているのなら本末転倒です。

だから、科学が生み出したサプリという英知をしっかりと使いこなす。そして、サプリを摂りつつ、体を冷やさないことやストレスを溜めないといった地道な努力を実践していくことがベストです。

これこそ胃腸トラブルを解決する唯一にして最大の近道だと確信しています。

「じゃあ今すぐそのサプリとやらを教えてくれ!!!」と思われているかもしれません。

しかし、もう少しお付き合いください。
次に紹介するのは「酵素はなぜサプリで摂る必要があるのか?」です。

ここを飛ばさずに知っておくことで、サプリを実生活のなかで役立てる意味というのをきちんと理解できます。今後の生活であなたを救う選択肢が大きく広がるのです。

サプリーマン

どうしてもさきにサプリを見たい場合は「腸内環境を改善するおすすめ酵素3選+α」からジャンプしてくれ。

酵素はなぜサプリメントで摂る必要があるのか?

酵素はなぜサプリメントで摂る必要があるのか?

酵素をサプリメントで摂る必要性について3つ理由があります。

  • 100点満点の生活を続けるのは至難の業だから
  • 人によっては体内で上手く作れない酵素があるから
  • 食事だけで必要じゅうぶんな酵素を摂ることは難しいから

100点満点の生活を続けるのは至難の業だから

体を冷やさないストレスを溜めない酵素がたくさん含まれている食物を摂取する、よく噛んでアミラーゼという酵素を分泌させるetc…。これじゃあまだまだ60点です。100点に近づけるには、「正しい食事、水分摂取、正しい排泄、正しい呼吸、適度な運動、上手な休息・睡眠、笑いと幸福感」etc…。いやいや、これで90点くらいでしょうか。

全部を完璧なんて不可能ですよね???というより、完璧にしようと思ってもボロが出るのが人間ですし、ここまで完璧だとむしろストレスが溜まりそうです。

ちなみに私の自己採点は60点くらいでした。
これでも努力しているのでおそらく高い方だと思います。

しかし、胃腸は60点分の仕事しかしてくれません。

だから、彼らに栄養を与えてあげるのです。

酵素サプリを飲むと体感的には、20~30点くらいアップします。つまり、サプリを飲むだけでコンスタントに80~90点を出せるようになるのです。

腸内環境10点の人がサプリを摂っていきなり90点になることはありません。せいぜい40~50点がいいところです。(それでも摂らないよりは全然マシですね)

ですが100点に近づけたいなら普段の生活や食習慣も平行して改めていきましょう。

人によっては体内で上手く作れない酵素があるから

世の中に健康な人はごまんといます。
その人たちのなかには、不摂生をしてても健康な人もいます。

体はふとっちょだけど、酒をいいだけ飲んで焼肉を10人前食べてライスを3杯おかわりしても、次の日も健全なうんちが出ていて、イキイキしている人

これは極端な例ですが、たしかにこういう変人があなたの周りにも1人や2人いるでしょう。

このような人たちは、生まれながらにして体内に、多様性のある酵素をたくさん保有しているからです。

「どのような食べ物にも対応できる圧倒的な酵素の質と量で毒素を殲滅する」といった力業を使える少数戦闘民族。うらやましい話ですが、そんな最強遺伝子を持つ者が一定数存在します。(そんな強靭な方も、悪習慣を続けていれば必ずどこかで体を壊しますが…)

我々のような一般人には、必ず分解にしにくい苦手分野というものがあります。例えば、牛乳を飲んだら必ずお腹を下す人はラクターゼが足りていません。肉を食ったら必ずくさい屁が出る人はプロテアーゼが足りていません。また、自身が持つ消化酵素の量によって現れてくる副反応の度合いも大きく変わっていきます。

つまり、あなたが体内でじゅうぶんに生成できない酵素は外で摂るべきなのです。

食事だけで必要じゅうぶんな酵素を摂ることは難しいから

食物でサプリメントと同じ量の酵素を摂るのはほぼ不可能です。

酵素にはさまざまな種類があり、ラクターゼを摂りたい、アミラーゼを摂りたい、キシラナーゼを摂りたいetc…と食事からむやみに酵素の摂取を増やそうとするとどうなるか。

次に起こる問題として、カロリー過多や偏食といった問題が起こります。

なので、サプリメントで的確に酵素を体内に仕込んでおくことが非常に重要になるのです。

一部では、「サプリメントは基本的に胃腸の中で分解されるから体で直接作用はしない。食品から摂取するからこそ意味がある」といった意見も耳にします。

しかし、少なくとも私はサプリで改善しました。
また、数千数万にも及ぶ商品レビューを見ても明らかなとおり、長年の胃腸トラブルが酵素によって解決した人は後を絶ちません。

ここで私が強くお伝えしたいのは、どちらが正しいのかどうかということではありません。私は医療従事者ではなく、元患者です。悩みが解決するか否かしか興味がありません。そして、解決しました。

これが私の何よりの証拠です。

胃腸トラブルをたちまち改善するおすすめ酵素2選

腸内環境を改善するおすすめ酵素3選

さあ、大変お待たせしました。
ここまで読んできたあなたは酵素に関して一定の知識を得ているはずです。

そこでいよいよ、最強の酵素サプリメントのご紹介です。

ここで私が提唱したい酵素サプリメントの飲み方は、「ケースバイケースで飲み分けていく」という方法です。

その理由は、「効果の高すぎるものを飲み続けると体内の酵素生成能力が減る可能性があるから」、「酵素の量や種類が増えるほど高価になるので、食べるモノやその日の体調によって飲むサプリメントを変更する方がコスパが良いから」です。

つまり、普段は、酵素能力「弱」を飲む。沢山食べる日や腸内環境が明らかに不調な日などは酵素能力「強」を飲む。といったように、酵素の種類を使い分けることを推奨します。

\摂取タイミングは全て食前15~30分前がベストです!/

【とりあえずコレ】消化酵素のカリスマ的存在「Enzymedica Digest Basic」

特徴:全体的なバランスが良いオールラウンダー。

酵素の種類
1
2
3
4
5
酵素の量
1
2
3
4
5
コスパ
1
2
3
4
5

Enzymedica Digest Basic 180粒も私が毎日飲んでいる酵素の一つです。

多彩な酵素が入っているので、どのような食事にも対応できます

ただし、酵素の量自体はそこまで多くないので、重たい食事を摂りがちなディナータイムにはやや力不足です。

とはいえ、コスパは抜群にいい。まさに死角なしのオールラウンダー!!

これらの点を踏まえると、「Basic」のおすすめ服用タイミングは、日常的な食事の前です。

サプリーマン

普段の昼食のようなカンタンな食事はこれでじゅうぶんだ。

有効成分解説

プロテアーゼ

タンパク質を分解する酵素。消化液に含まれる。

アミラーゼ

炭水化物を消化しブドウ糖に分解する酵素。唾液に含まれる。

ペクチナーゼ

植物に含まれる有害物質ペクチン」の分解を促進する

マルターゼ

小腸で分泌される消化酵素で、各消化器官で分解された物質をさらに細かく分解する

グルコアミラーゼ

アミロースやアミロペクチンと呼ばれるデンプンに含まれる成分の分解を促進する

セルラーゼ

野菜などに含まれる繊維質セルロースを分解する酵素。セルロース分解菌(アオカビ,コウジカビ,木材腐朽菌など),セルロース分解細菌などに含まれる。

αガラクトシダーゼ

糖脂質を体の中で分解する酵素の働きを促進する。

ラクターゼ

乳糖を分解する酵素の働きを促進する。

リパーゼ

脂肪を分解する酵素の働きを促進する。

インベルターゼ

ブドウ糖と果糖の分解を促進する

キシナラーゼ

腸内微生物の植物繊維 の分解と利用を促進する

以下、こちらのサプリにおける「いいね数10以上」を獲得しているレビューを一部抜粋しました。

iherbのレビュー

消化酵素をとりはじめてから、腸の問題と食物アレルギーが劇的に改善された。

iherbのレビュー

私はこれまでSIBOとIBSに悩まされてきました。もう諦めかけてきたころに、こちらの酵素を目にしました。毎食事前に1粒を水で飲み下す。そして食う。ん?なんともない?2日、3日、1週間、1か月続けてみましたが、お腹のゴロゴロや軟便が激減しました。とくにガス問題がほとんど無くなりました!

iherbのレビュー

一家で手放せません。粒がとても小さく、4歳の子どもでも飲めます。これを飲み始めて、胃がもたれるといったことがなくなりました。 たんぱく質、脂質、炭水化物に対するすべての酵素が含まれているので、これひとつでたいていの食事は消化できます。

【最強】消化酵素の神「Enzymedica Digest Gold

特徴:「重たい食事」の頓服的な存在。消化酵素の神。

酵素の種類
1
2
3
4
5
酵素の量
1
2
3
4
5
コスパ
1
2
3
4
5

さきほど紹介した「Basic」の超上位互換がこちらの「Enzymedica Digest Gold 180粒」です。

「Gold」は、「Basic」に含まれるすべての酵素+2種が含まれます。特筆すべきは、成分の量が大幅に増強されている点です。(2~3倍)

しかし、お値段も倍以上かかってしまうので、手軽に摂るにはコスパが悪いといえます。。

これらの点を踏まえると、「Gold」のおすすめ服用タイミングは、重たい食事の前です。

サプリーマン

これを飲んでおけば焼肉だろうとピザだろうと何でも来い!って感じだな!!

「Basic」に含まれていない酵素のみ解説

ペータグルカナーゼ

海藻などの海洋資源の糖化や糸状菌や酵母の細胞壁成分の溶解を促進する

ヘミセルラーゼ

小麦粉の繊維質の分解を促進する

以下、こちらのサプリにおける「いいね数10以上」を獲得しているレビューを一部抜粋しました。

iherbのレビュー

タンパク質を積極的にとるためにプロテインを飲みたいのだが、とにかくおならが出て出て困っておりました。 臭いも強く日常生活に支障が出まくるのでプロテインを迂闊に飲めずに困っていましたが、これを飲んで解決しました。

iherbのレビュー

長年の便秘型SIBOです。酷い便秘で食後のお腹は幼児のように膨らみます。最大の悩みは常に出るおなら。低FODMAP食にしても微妙な改善程度した見られませんでした。 ですが、こちらを飲むようになってから食べ物やサプリの消化吸収UPをホントに劇的に改善され実感しています。 毎食食事の「いただきます」のタイミングで飲むのが効果的です。飲み忘れたからといって食後に摂取した場合は効果が薄いように感じます。

iherbのレビュー

日常的に固い雑穀など、本当に良く噛まないと消化しづらい物を食べていまして、便にそのまま出てくる事も多々あり。 咀嚼に関しては今までと変わらない状態で、こちらを飲むとその様な未消化物が圧倒的に少なくなります。 お肉や天ぷらなどの食事の際には食前20分前に。お腹いっぱいに食べた時には食後にも追加一錠で、苦しく食べ疲れた感覚も、その食事が夜の場合は翌朝の胃残り感もありません。手放せなくなりました。

番外編:「特化型」の消化酵素を2つ紹介(タンパク質&乳糖)

消化酵素は、正直言って「Enzymedica Digest Basic 180粒」と「Enzymedica Digest Gold 180粒」があれば問題ありません。

しかし、ここで費用的な問題が発生します。

ケンイチ

ただアイスを食べるためだけに消化酵素飲むのはもったいない!!

ケンイチ

だったり、ただプロテイン飲みたいだけなのに消化酵素飲むのはもったいない!!

そう、特定のものを摂取したいときに、全ての成分をカバーする酵素を飲むのはもったいないのです。

このような問題を解決してくれるのが「特化型」の消化酵素。
そして、今回紹介するのは、「タンパク質消化酵素」「乳糖消化酵素」になります。

特化型は特定の成分にしか効果を発揮しないものの、費用を圧倒的に抑えることが可能です。

また、食事のなかでもタンパク質がかなり含まれるメニュー、乳糖がかなり含まれるメニューなどがあった場合に、先ほど紹介した「Enzymedica Digest Basic 180粒」などにプラスして摂取するといった使い方もできます。

それぞれの消化力に不安がある方はこちらも併せてゲットしておきましょう。

特化型01:タンパク質消化部隊隊長「Papaya Enzymes」

特徴:タンパク質食で不調を起こす方におすすめ。

酵素の種類
1
2
3
4
5
酵素の量
1
2
3
4
5
コスパ
1
2
3
4
5

Papaya Enzymesは、チュアブルタイプ(ラムネ的な)です。120粒入っていながら価格はなんと800円前後!!(1粒あたり7円以下)しかも美味しいです。パインとパパイヤの中間のような程よい酸味がクセになりますので食べすぎにはご注意ください。

なお、タンパク質の分解に強いサプリとなっておりますので、普段から動物性たんぱく質を大量に摂取している方のなかで、「おならのニオイが気になる、タンパク質をたくさん食べると消化不良を起こす」といった方はこちらも併用してみるといいでしょう。

これらの点を踏まえると、「Papaya Enzymes」のおすすめ服用タイミングは、タンパク質多めの食事の前です。

有効成分解説

パパイン

肉などのタンパク質の分解を促進する

プロメライン

パパインとほぼ同じ効果

リパーゼ

脂肪の分解を促進する酵素。腎臓に含まれる。

アムラ

酵素反応を活性化させる


以下、こちらのサプリにおける「いいね数10以上」を獲得しているレビューを一部抜粋しました。

iherbのレビュー

年のせいか脂っこい物を食べると胃もたれが…空腹時でも胃が膨れてパンパンになる時があり、苦しんでいた所、ひと粒貰って飲みました。いつの間にか胃がスッと楽に!!飲み始めてからは胃の不快感は一切ありません!

iherbのレビュー

私は肉や焼き魚を食べると消化不良になって、げっぷがでたりしますが、これを飲むとげっぷがでません。食後にお腹の調子が悪くなるなら助けになるかもしれません。

iherbのレビュー

お高めな別の酵素系を飲んでいたけど、そこまで効果を感じず、食後軽く飲めそうなのを一応頼んだつもり程度だったのにコッチの方が胃もたれには実感ありました。

特化型02:これでパンケーキも余裕「ラクターゼ」

特徴:乳糖不耐症の方はこちらも必須アイテム。

私が先ほど紹介した「Enzymedica Digestシリーズ」にもラクターゼが配合されています。なので、軽度の乳糖不耐症であればそれで事足ります。

ですが、「重度の乳糖不耐症の方」や、今日はアイスやパンケーキをめっちゃ食べる日!!という「戦闘日の方」は、併せてこちらも常備しておくと安心です。

まとめ

普段使いはこの2つ

Enzymedica Digest Basic」は毎食後。

Enzymedica Digest Gold 」は、重たい食事のとき。

特定の食品を摂るときにはこの2つ

Natural Factors チュアブルタブレット」は、タンパク質を摂取するとき。

Nature’s Way ラクターゼ酵素」は乳製品を摂取するとき。

酵素を摂取する際にはプロバイオティクスとプレバイオティクスも一緒に摂るのもおすすめ!

さいごに酵素の効果を高める方法としておすすめしたいのが、プロバイオティクスとプレバイオティクスと酵素を同時に摂ることです。

これらを同時に摂ることで、酵素を生きたまま胃腸に届けることができ、より効果を実感できます。(下記画像をタップでアイハーブ公式ページで詳細をご覧になれます)

酵素は私の見える世界を変えてくれた。

酵素は私の見える世界を変えてくれた。

酵素は体内でも生成することが可能です。
しかし、人間ひとりひとり、もっている酵素の量や強さが違います。

それに伴い、丈夫なタイプな人間と、敏感なタイプの人間がいることは事実です。

私含め、「敏感なタイプ」に該当する人は足りないものは酵素で補うことを強く意識してみましょう。

少なくとも私は酵素の力で長年の腸内問題がついに解決したといっても過言ではありません。

あなたも今日から騙されたと思ってチャレンジしてみてください。ちまたに溢れる酵素ドリンク、酵素水みたいな怪しい商品をせっせこ飲むよりずっと安価で効果もてきめんです。共に頑張りましょう。

この記事があなたの胃腸トラブル解決の糸口になりますように。

iherb
  • 初めての方は以下のボタンをタップで”全商品”10%OFFコード自動適用!
  • 初めての方はコチラをタップで”一部の商品を除き”20%OFFコード自動適用!
  • リピーターの方でも60ドル以下の買い物でも常に5%OFFで購入可能!
  • リピーターの方でもコチラをクリックした上で60ドル以上の買い物をすれば10%OFFが自動適用!
  • キャンペーン次第でさらに20%以上OFFに!?
一生の健康は一粒のサプリメントから始まる。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次