【最大67%OFF】アイハーブセール速報【詳しくはコチラをタップ】
ブログのコンテンツには、PRが含まれている場合があります。

抗生物質の副作用は腸内環境にあり!あなたの腸を守る秘策とは?

抗生物質の副作用は腸内環境にあり!あなたの腸を守る秘策とは?

「風邪を引いて抗生物質を飲んだことがある」という方、手を挙げてみてください。

はい、そうですね、日本人の99%の方が経験があると思います。私たちの身近な救世主、抗生物質ですが、その裏に隠された”恐ろしい副作用“について、皆さんはどれくらいご存知でしょうか?

今日は、この抗生物質が私たちの大切な腸内環境に与える影響にスポットライトを当ててみたいと思います。抗生物質の使用によって起こる腸内フローラの崩壊、そしてその影響が及ぼす健康へのリスクにも注目です。

さいごに、抗生物質の腸内環境へのダメージを最小限に抑え、早期回復させる秘訣を、わかりやすくお伝えします。

では、一緒にこの腸内フローラと抗生物質の攻防戦の奥深い世界に飛び込んでみましょう!

目次

抗生物質の使用は腸内フローラを壊滅状態へと導く

抗生物質の使用は腸内フローラを壊滅状態へと導く

抗生物質というと、感染症の原因となる細菌を死滅させる救世主のように聞こえます。しかし、死滅させるのは悪い菌だけではなく、腸内の大事な善玉菌まで攻撃してしまうんです。

これにより、腸内のバランスが崩れ、消化不良や免疫力の低下を招くことがあります。

実際、2008年の研究では、「抗生物質を1回だけ使用しただけで、腸内細菌の3分の1が死滅し、その影響は6か月以上も続く」ことが明らかにされています。

これにより、ガスがでやすく、下痢をしやすい体質になるかもしれません。この背景には、腸内環境の崩壊による、吸収不良や消化不良、カンジダ(イースト菌)の過剰増殖が考えられます。

さらに、腸内環境の悪化は精神状態にも影響を与えることが知られています。なぜなら、幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」の9割が腸で作られているからです。

つまり、1度の抗生物質の使用は「食べ物の消化不良を起こしやすくし、風邪をひきやすくなり、不幸になる」といった悪魔のような一面があるのです。

なので、フツーの風邪くらいで抗生物質を安易に使うのはよろしくないという前提は覚えておいてください。緊急性がない場合は、抗生物質に頼らない古典的な解熱方法に立ち返ることを検討しましょう。

ここで勘違いしてほしくないのは、抗生物質が必要なケースは確かにあるということ。特に、下がらない高熱で脳や人体に危険が及ぶ場合、強い感染症、手術の際には必須です。つまり「抗生物質をのむリスク<抗生物質をのまないリスク」になったときには必要だということ。

バイオハッカー「sii」

ここからは、「抗生物質」を服用した場合、腸のダメージを最小限にするための予防策をいくつか紹介する。そうすれば、早く腸内環境のバランスを取り戻せる。

抗生物質から腸を守るための最善の方法

抗生物質から腸を守るための最善の方法

抗生物質を飲むことになったら、あなたができる最善の方法はプロバイオティクスを飲むことです。

プロバイオティクスの死滅を免れない以上、物理的に増やしていくしかありません。

使用方法は、抗生物質を服用する前後、少なくとも2時間以内に有用なプロバイオティクスを500億CFU以上摂取するのが目安です。

これで抗生物質のダメージをある程度までは抑えられます。

それ以降、毎日プロバイオティクスをせっせと飲み続けることで回復に向かいます。

特におすすめなプロバイオティクス商品を3つ紹介!

特におすすめなプロバイオティクス商品を3つ紹介!

少しマニアックな話をすると、プロバイオティクスにはさまざまな菌種があります。

なかでもおすすめな菌種は、「ラクトバチルス・プランタルム」、「ビフドカテリウム・ラクチス」、「ビフドカテリウム・インファンティス」、「ビフィズス菌・ロンガム」が含まれているプロバイオティクスを選ぶとよいでしょう。

これらの菌株は、ヒスタミンレベルを下げ、炎症を軽減し、消化を改善することがわかっています。

よくわからない!という方は以下の3つから選ぶといいでしょう。(いずれもアイハーブの商品です)

詳細情報は、以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
【腸活マスターが贈る】プロバイオティクス完全バイブル【最強iherbサプリも紹介】 この記事はこんな人におすすめ! プロバイオティクスの効果を知りたい プロバイオティクスの正しい選び方を知りたい プロバイオティクスの効果を最大限発揮させる方法を...

サッカロミセス・ブラウディ(酵母の一種)を摂るのもおすすめ!

サッカロミセス・ブラウディ(酵母の一種)を摂るのもおすすめ!

サッカロミセス・ブラウディ(S. boulardii)という酵母を摂るのもおすすめです。サッカロミセス・ブラウディは酵母であって細菌ではないので、抗生物質はそれに触れることはできません。

いくつかの研究では、研究者は、「サッカロミセス・ブラウディは抗生物質を投与した際の「抗生物質関連下痢(AAD)を防ぐ」ことがわかりました。

バイオハッカー「sii」

特に、プロバイオティクスを飲むとかえって不調になる方は、「ラクトバチルス・カゼイ」、「ラクトバチルス・ロイテリ」、「ラクトバチルス・ブルガリクス」のようなヒスタミンを生成する可能性のある菌株を避けるといいだろう。

腸内環境が元通りになるには最低でも1か月必要

腸内環境が元通りになるには最低でも1か月必要

さて、腸内細菌が元通りになるまでには、どのくらい時間がかかるのでしょうか?

1年間の研究[*]によると、抗生物質投与後、ヒトの腸内細菌叢が正常化するまでに1ヶ月から1年という時間が必要なことが分かりました。

この期間は、元々の腸内環境や、プロバイオティクス使用の有無によって変わります。

それを示す証拠として、前述したような有用なプロバイオティクスをきちんと摂取した場合、顕著な効果が11日目に発生し、ほとんどの微生物相が2~4週間以内に曝露前のレベルに戻ることがわかっています[*]。

おわりに:抗生物質と上手に付き合おう!

おわりに:抗生物質と上手に付き合おう!

抗生物質は、私たちの健康を守るために欠かせないお薬です。その誕生によって救われた命の数は計り知れません。しかし、それは一方で、私たちの大切な腸内フローラに影響を与えることも忘れてはなりません。

次回、抗生物質の使用が必要になった際には、ぜひ腸内環境にも配慮をしてあげてください適切なプロバイオティクスの摂取時間をかけたケアによって、腸内フローラを健康な状態に戻すことができます。

また、通常の風邪や微熱の際には、昔ながらの民間療法の選択肢も視野に入れてみてください。

現代の医療は、時として抗生物質に頼り過ぎる傾向にあります。医師の中には、風邪の症状に対しても、38度以上の熱が出ればすぐに抗生物質を処方する方もいます。しかし、最終的にあなたの腸を守れるのは、あなただけです。

自分に本当に抗生物質が必要かどうかをしっかりと考え、医師と相談することが大切です。自分の身体は、自分で守るべき。そのためにも、医師からの十分な説明と理解を求めましょう。

このブログが、皆さんが抗生物質と上手に付き合う一助となれば幸いです。

以下の記事は「腸活ロードマップ(まとめ記事)」です。基本的に、この記事からほとんどの腸活記事へとアクセスできます。(マニアックな腸活方法は載せていませんので個別記事からお探しください。)

あわせて読みたい
腸内環境がみるみる良くなる!最強の腸活法を5ステップにまとめてみた!【完全保存版】 この記事はこんな人におすすめ! 自分の腸内環境を一新したい さまざまな腸活方法をまとめて知りたい この記事を読むと、上記の疑問や悩みを解決できます。 みなさんの...

アイハーブの最新クーポン情報をいちはやくお届けします!!

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次